合資会社リバティシステムファクトリ|茨城県鹿嶋市|オープンソース|サーバ設計|サ ーバ構築|システム開発|組込みシステム開発|パソコンサポート

鹿行魂 鹿丸  2011年3月11日に発生いたしました東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様に心か>らお見舞い申し上げます。
 弊社の所在地でもあります、茨城県鹿嶋市も地震による被害がありましたが、弊社は復 旧しております。
 茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、鉾田市、行方市の一日も早い復旧を!

* 左の画像は、すぎや ま工房さんからの提供です。
 * 新たなバージョンが追加されました。佐藤ススム先生からのイラスト提供で新>バージョンです




鹿行しょっぷ

By TwitterIcon.com

ログイン状態
FaceBook
元気塾
OSSJ

鹿嶋・コンピューター
鹿嶋
コンピューター

Ferretアクセス解析

ユーザー機能

ログイン

イベント

-

イベント

-

 2017年5月28日(日) 08:11 JST


 掲示板目次 > CG-LBSTD2PU > 開発環境構築
 Kernelコンパイル時の注意点
   
サイト管理者
 2008年12月16日 09:53 JST (参照数 25833回)  
AAAAA
管理者

状態: オフライン


登録日: 2008年8月20日
投稿数: 9
CG-LBSTD2PUのSDKを使い、Kernelをコンパイルする際の注意点を記載します。
Kernelコンパイルする際には、必ず以下の内容を行ってください。

1) U-BOOTを事前にコンパイルする
U-BOOTのツールを使って、Kernelイメージを作成します。
必ず事前にU-BOOTをコンパイルしてください。
U-BOOTは
a. make lbstd2pu_config
b. make
でコンパイル可能です。
2) kernelコンパイル後、Kernelソース直下にある[mkuimage]を
実行してください。
このShellを実行することで、U-BOOT形式のKernelイメージに
なります。
使われている環境に合わせて、mkuimageを修正してください。
Shellの6行目に[../../u-boot-1.1.6/tools/mkimage]とあります。このパスを修正してください。

 
プロファイル メール

通常 通常
注目トピック 注目トピック
ロック済 ロック済
新着 新着
注目トピック 新着 注目トピック 新着
ロック済トピック 新着 ロック済トピック 新着
ゲストユーザの投稿を見る 
ゲストユーザ投稿可能 
一部のHTMLを許可 
バッドワードをチェック